店舗の有るおすすめゲームパソコンショップ2社

ゲームパソコンを購入する場合、ネットで検索すれば数多くのパソコンショップを見つけることが出来ます。

 

サイト内で自分の好きなようにカスタマイズも可能になっているため、自分好みのパソコンが簡単に作れてとても便利なのですが、実際に動作している所を確認しているわけではないため、商品が届いてみたら自分の思うような動きではなかったと言う場合もあります。

 

店舗で動作確認をして購入するのが最も確実な方法ですから、HP上でカスタマイズできるお店に店舗があるかどうかはとても重要なポイントとなります。

 

●ドスパラ

お勧めのパソコンショップはドスパラでしょう。

ドスパラはBTOパソコンの老舗として昔から利用者が多く、価格重視、スペック重視、使用目的重視といった注文にも柔軟に答えてくれるため非常に利便性の高いショップだと言えます。

 

現在全国に店舗を構えており、北海道から九州までどのエリアでも実店舗でパソコンを見ることが出来るようになっています。

 

●パソコン工房

ドスパラ以外でお勧めなのはパソコン工房というショップです。

こちらも全国に店舗展開をしており、気軽に店舗に立ち寄ってパソコンを見たり相談したりできるようになっています。

 

どちらのお店も専属の専門技術者がいるため、ゲームパソコンを買う場合でも的確なアドバイスをしてもらえますし、価格面でもどちらもリーズナブルなので甲乙つけがたいかもしれません。

唯一、店舗の数がパソコン工房のほうが多めなので、店舗に行ってみたい場合にはドスパラよりも行きやすいのではないでしょうか。

ゲーム用途のパソコンはBTOパソコンが良い

パソコンを初めて購入するときはメーカーパソコンを選ぶ方が多いと思います。
これはメーカーパソコンは家電量販店の店頭で実物を見て触って選ぶことが出来るからです。

 

家計簿ソフトや地図ソフトや年賀状作成ソフトなどなど入っているソフトもたくさんあります。
サポートも充実しているうえに保証期間も長くて安心です。

 

しかしスペックの高いゲーム用途のパソコンは価格が高いのが難点でした。
たくさん入っているソフトは一度も使わないものも多く、それらが価格に含まれています。

 

そこで2台目3台目のパソコンはBTOパソコンを選ぶ方が増えてきました。
BTOパソコンはインターネットで注文すると、受注生産されご自宅にお届けされます。

 

実物を店頭で見られないことが多いですが、注文するときに用途に応じてカスタマイズできるのが魅力です。

 

ゲーム用途ならCPUやメモリやグラフィックボードなどを最新のスペックにカスタマイズしたり、
インターネットやメールだけならスペックを低くして価格を安くしたり様々な用途に合わせられます。

 

余計なソフトも入っていないので、ハードディスクの空き容量も増えますし、メーカーパソコンと比べると価格も安いです。
パソコンを自作すると保証は受けられませんが、BTOパソコンではある程度の保証が付いているので安心です。

 

その代わりに注文が入ってから受注生産に入るので届くまでに時間がかかります。

1週間ほどが多いですが部品が無かったり、海外工場で生産している海外BTOメーカーだとそれよりかかってしまう事があります。

ゲーム用ノートパソコンを選ぶ際に注意すべき三つのポイント

ゲームをするためにパソコンを購入するのであれば、高額なデスクトップパソコンより安価なノートパソコンの方がお手頃です。

最近ではデスクトップパソコンに全く引けを取らない高性能のノートパソコンも多く、使用に際して不自由することはほとんどないでしょう。

 

しかし、ストレスなくオンラインゲームを楽しむためには、それなりのスペックが求められます。

ゲーム用のノートパソコンを選ぶ際は、以下の三つのポイントに注意してみてください。

 

CPU性能

 

一つ目のポイントは、CPUの性能です。

CPUはそのパソコンの性能を決める最も重要なパーツです。

コアの数や動作周波数ができるだけ高いものを選ぶと良いでしょう。

 

基本的に発売日の新しいものほどお勧めですが、高性能のCPUは恐ろしく高いので自分の予算と相談しながら商品を選んでください。

 

グラフィックス性能

 

二つ目のポイントは、グラフィックス性能です。

最近のゲームの大半が3DCGを活用しているので、スムーズに画面を表示させるためには高性能のビデオチップが不可欠です。

また、ゲームの臨場感を大切にしたいなら、ディスプレイのサイズにも注目しましょう。

 

バッテリー性能

 

三つ目のポイントは、バッテリーの性能です。

これはデスクトップPCにはないノートPC独自の判断基準です。

自宅内でプレイするなら問題ありませんが、屋外で使用する場合、ノートパソコンのバッテリー性能が非常に重要になってきます。

一度面白いゲームをプレイし始めると長時間コンピュータを動作させ続けなければならないので、バッテリー駆動時間の長い機種を選びたいものです。

推奨スペックの注意点!ゲームパソコンの選び方について

まず、ある程度以上のパソコンゲームをプレイしたいのならゲーム専用のパソコンを購入することが必要となります。

特に高性能のパソコンゲームをしたい場合にはゲーム以外の利用で十分なスペックパソコンであっても全くパワーが不足しているということになりかねません。

なので、主にプレイしたいゲームのことを調べてからゲームパソコンを選ぶ必要がありますが、あまり予算ばかりを重視していまうとゲームパソコン選びに失敗してしまうことが多くなりますので注意が必要です。

 

ゲームパソコンを選ぶうえで重要な要素があります。
まずは、ゲームはたいていは推奨スペックというものを提示していますが、それにしたがって購入すると失敗すること可能性が高いです。

 

推奨スペックというものはそのゲームをプレイする上で最低ラインのスペックであると考えましょう。

 

次にデスクトップパソコンかノートパソコンかと言えば、コストパフォーマンスに勝りますし、放熱のことを考えるとデスクトップの方がよいでしょう。

 

そして、ゲームパソコンでもっとも重要な要素はグラフィックボードです。

パソコンゲームをプレイする場合にはグラフィックの処理が非常の多くなりますから、グラフィックボードの性能によって快適にプレイできるかが決まってきます。

 

いろいろありますが、少なくともパソコンショップなどでゲーム用推奨パソコンの中から自分の必要をするものを選べばあまり間違いがないのかもしれません。

熱暴走をしないデスクトップゲームPCを選ぶこと

3Dグラフィックが美しいゲームが次々と登場しています。

特にMMORPGの世界観はオンラインでコミュニケーションが図れることもあり、背景やアバターなどがリアルな世界に近づきつつあります。

 

これらのゲームをプレイするのに相応しいゲームパソコンの選び方ですが、間違いなくノート型ではなくデスクトップ型のパソコンを選択すべきです。

RPG系のゲームはアクション系のゲームと異なり、連続して長時間プレイすることが多いのでパソコンの熱暴走を防がなくてはなりません。

 

もちろんゲームをプレイする前提として適度な休憩は必要なのですが、オンラインで一緒にプレイをしていたりゲームのクライマックスに突入していたりすると、途中でやめることができないからです。

 

最近のゲームは自動的にプレイデータを保存する機能がついていることもありますが、パソコンのフリーズによるデータの消滅は何としてでも回避しなくてはなりませんので、暑い時期の熱暴走を防ぐことに重点を置きます。

 

デスクトップ型のパソコンであれば複数のファンがパーツとして装着されている機種もありますし、パソコン内部の構造として熱が抜けやすくなっているものもあります。

 

さらにグラフィックカードの選択も重要であり、プレイをする予定のMMORPGが推奨しているスペックを満たしているのはもちろんのこと、今後もハイグレードなゲームが登場していく可能性が高いので性能が高いゲーム用パソコンを購入しておいた方が、パソコンを買い換えることなく新しいゲームをダウンロードして遊べます。

最新のMMORPGでも快適に遊べるドスパラGALLERIA XT-A

FF14やドラクエ10などMMORPGはきれいなグラフィックや迫力のあるサウンドで楽しめるのが魅力です。
しかし古いパソコンではスペックが足りずに十分な動作が期待できないです。

 

ある程度のスペックがあるゲームパソコンが必要ですが、年々グラフィックやサウンドは進化していきますので十分余裕のあるスペックのパソコンを選びたいところです。
そんなゲームパソコンはスペックが高くなるほど価格も高くなります。
大きな予算が必要ですが出来るだけ安く購入したいところです。

 

最近ではBTOパソコンが登場してきてメーカーパソコンより安く販売されています。
BTOとは受注生産のことで、BTOパソコンではお客さんから注文を受けてから組み立てされます。
CPUやメモリなどカスタマイズ性の高さが魅力の一つです。
BTOパソコンではゲーム用のハイスペックのモデルもいくつか販売されています。

 

最近ではいろいろなBTOメーカーがありますが、おすすめなのが「ドスパラ」のゲームパソコンの「ガレリア」です。

 

ドスパラはBTOメーカーの一つで2台目や3台目のパソコンを購入したい方に人気が高いです。

 

GALLERIA XT-A Windows 8.1 モデル」ならCPUインテル Core i7-4790に、グラフィックNVIDIA GeForce GTX760 2GBに、メモリ8GBとハイスペックです。

 

何かと話題のSSDも搭載が可能です。

最新のMMORPGでも快適に遊ぶことが出来ますし、スペックに余裕があるので長期間ゲームパソコンとして活躍しそうです。

 

液晶モニターやゲームコントローラーなどが必要な方はカスタマイズ画面で選択することが可能となっています。

ゲームパソコンの購入で大事な3つの要素

一昔前まではそうでもありませんでしたが、今ではFF14やドラクエ10などの大作RPGがオンラインゲームに登場し、オンラインでゲームを楽しむのはゲーマーとして当たり前になってきています。

ただ、パソコンでオンラインゲームを快適にプレイするのはそれなりのスペックが必要だということを、覚えておかなければなりません。

では、そのスペックとは具体的にどんなものでしょうか?

 

よく巷でいわれている3大要素が、「CPU」、「メモリ」、「ビデオカード」です。

これらの性能がハイスペックであればあるほど、オンラインゲームをプレイしたとき快適なプレイができると判断して間違いないです。

 

CPU

cpu

まずCPUですが、これはパソコン全体を司る頭脳の部分で、これが優秀であればあるほど高速処理を期待できます。

パソコンのオンラインゲームは意外と作業負荷がかかりますので、CPUの性能が高いパソコンを選ぶのは基本中の基本です。

 

メモリ

memori

次にメモリですが、これもまた同じように容量を大きくしておくと、処理がスムーズになります。

メモリは後から増設することも可能ですが、手間を考えれば最初からメモリの容量が多いパソコンを選択して購入したほうが良いのは明白です。

 

ビデオカード

bideo

そして、ビデオカードですが、映像表示のために最も重要な基盤となりますので、ここに1番力を入れるべきです。

ビデオカード機能が劣っていると、オンラインゲームをしたときパソコン全体が不安定になってしまうというリスクがありますし、まったくプレイができないということも珍しくありませんので注意しなければなりません。

 

これら3つの要素がゲームパソコンの選び方には重要です。

ですので、この3つに気をつけ、ゲームパソコンを購入するときは店員と相談しながら購入することが大事です。