さまざまな需要に対応しているG-Tune(マウスコンピューター)のメリット

ゲーミングパソコンを扱っているショップはさまざまありますが、G-Tune(マウスコンピューター)はBTOの中でもトップクラスのシェアを誇っており、コストパフォーマンスに優れたパソコンを購入できるだけではなく、スペック面で妥協を許したくないコアなゲームプレイヤーの要望にも応えられる商品を提供してくれるショップであると、評判も上々です。

 

最新商品をいち早くリリースするショップであることでも知られており、パソコンに強いこだわりを持つかた達の間で信頼を集めています。

 

G-Tune(マウスコンピューター)は品揃えが豊富で、取り扱っているパソコンブランドの種類が多く、初めてゲーミングパソコンを購入したいという初心者のかたでも安心して手を出せる価格帯の商品も提供しています。

10万円を切る安い価格のモデルから、20万円、30万円を超えるハイスペックマシンまで、ユーザーのさまざまな要望に応えてくれますので、予算を決めた上で妥協したくないパーツに目星をつけて選びやすいのもメリットです。

 

また、G-Tune(マウスコンピューター)ではいろいろな媒体とのコラボレーションパソコンなども販売しており、それぞれ特徴を持つパソコンをお得な価格で購入することもできます。

 

こういった企画は定期的に行われていますし、キャンペーンでよりお得にパソコンが手に入るチャンスも設けられていますから、ゲーミングパソコン購入を決めたら頻繁にホームページをチェックしておくのがおすすめです。

パソコン工房はパソコンに特化しています

パソコンは一般の電気屋で購入するものだと思われている方が多いと思いますが、一般の電気屋で販売されているパソコンにはWordやExcel、インターネットエクスプローラーなど、起動すればすぐにそのまま使えるようにある程度のソフトがあらかじめインストールされています。

 

パソコンで本格的なゲームをすることが目的地ということであれば、そのようなソフトがインストールされていなくても良いのではないでしょうか。

 

パソコン工房では何もソフトが入っていない状態のパソコンを販売しており、一人ひとりのニーズに合わせて白紙の状態のパソコンに必要なソフトだけをチョイスしてインストールし、カスタマイズしていくことが可能です。

 

普通のパソコンだけではなく、もちろんお探しのゲーム用パソコンも数多く販売されていますので、パソコン工房で購入されるのは良い判断だと思います。

 

パソコンに特化している店だけあって、スタッフも専門的なところまでしっかりとした知識を持っていますので、初めてゲーム用パソコンを購入するということを仰られるとしっかり説明を受けることができるのではないかと思います。

 

セールをしていることもありますし、満足のいくものを購入することができるのではないでしょうか。

 

ただ安い買い物ではありませんので、スタッフ勧められるままに購入するのではなく、プレイするゲームのジャンルにあっているのか、本当にそのオプションは必要かなど吟味してチョイスするようにしてください。

ドスパラの特徴とはどんなのか

ドスパラの特徴としては、低価格なのに壊れ難いということがあります。BTOパソコン全般にいえることですが、価格が安い分やはり全体的に壊れやすくなってしまうのですが、ドスパラに関してはそれが少ないのです。

 

そのそもBTOパソコンというものは一般のパソコンメーカーのパソコンとは違い、さまざまな部品を組み合わせて作っています。そのために部品ごとに安い部品を選ぶなどということが可能なために、一般のメーカーのパソコンよりも安価で制作することができるという特徴があります。

 

ただし安い部品を使用したり違うメーカーの部品を合わせたりしているために、壊れやすいということも同時に特徴となっています。
また費用を抑えるために、パソコンの組み立てなどを人件費の安い海外で行うメーカーなどがありますが、海外だと当然全てを管理するということが難しくなります。

 

こういったことが原因になり壊れやすいパソコンというものが生まれるのですが、いくらBTOパソコンが安くて費用を抑えることができても、すぐに壊れて修理をしたり買い替えたりといったことになると、初期費用の安さなんて何の意味もなくなります。

 

そこでドスパラはどうなのかということなのですが、ドスパラに関してはパソコンの組み立てを全て国内で行っています。そのため部品の管理から組み立て時の管理まできちんと行うことが可能となっているので、故障する確率が下がっているのです。

 

低価格で壊れにくいというコストパフォーマンスが良いメーカーとなっているので、低価格のパソコンを探している人は一度チェックしてみるといいでしょう。

ビットコインに投資したいと思っている人へ

今現在なんとなくビットコインに投資してみたいと思っている人もいるかと思います。ですが、実際にビットコインに投資してみたいと思っていてもビットコインが何か分かっていない人も多いと思います。

実際はビットコインはインターネット上に存在する電子的な通貨の事です。通常の紙幣や貨幣とは違って物が存在しないので仮想通貨と呼ばれています。

 

そして、ビットコインを使う事ができる機器があれば普通にビットコインでお買い物ができます。これだけ聞くと電子マネーと仮想通貨で何が違うのかと感じる人も多いかと思います。

ですが、実査は仮想通貨と電子マネーには大きな違いがあります。それは電子マネーは発行元が存在するのに対して仮想通貨に発行元がありません。

 

また電子マネーは換金性がないですが仮想通貨に換金性がある点です。

それで気になるがビットコインに投資て儲かるのかという点ですがまだビットコインは普及していく余地があるのでまだ投資先としての価値はあります。

 

もちろん、投資に絶対はないのでメリットとデメリットを知っておく必要があります。

そしてビットコインの一番のメリットと言えば国や銀行に関係がないので世界的な経済危機のリスクを負わないというのがあります。

 

そしてビットコインには発行上限があるのでインフレの心配がないというのがあります。そしてビットコインが損用される通貨として機能している理由はそのシステムがしっかりしているというのがあります。

 

そして発行上限があるのでビットコインが普及すればするほど価値が上がります。またビットコインを使ってオンラインゲームの有料アイテムの購入ができたりとかなり便利です。

 

ただ、ビットコインを始めとする仮想通貨もデメリットはあります。例えばハッカーにハッキングされた時等です。

なので、ビットコインも少なからずリスクがある事を知っておく必要もあります。

ミニパソコンの利便性とお勧め商品

ミニパソコンは持ち運びにも便利で、通常のノート型パソコンよりも小さくて軽く、そのサイズはA4サイズにも満たないという点で置き場所もとらないので、外出先でもカフェや喫茶店などで使用しているサラリーマンや学生をよく見かけることがあります。

 

ミニパソコンを外出先で使用する際に、プライベートのみの使用でインターネット検索程度を行うのであれば、性能がそれほど発達していない最低限のことができる安い価格のモノを選べばいいですが、ミニパソコンは最新のモノでない古い型の安い価格のものほど、性能スペックが劣ることは確かなので、新たにミニパソコンの購入を検討している人や学業や仕事で使用する人は、2017年の3月に発売されたミニパソコンを購入することをお勧めします。

 

ミニパソコンは安いものであれば、2万円代で購入できるものもあります。

2017年3月に発売されたミニパソコンの中で使い勝手が良さそうなのは、価格が5万円代前半の「マウスコンピューターLuvBook(MB-C250X1‐S2)」が人気が最も高いそうです。

 

私はほぼプライベートのみの使用なので、2万円代の安さにしては性能も良好な「Inspiron11 3000シリーズのレッド」を使用しています。

 

バッテリー持ちもいいし、デザインも女性らしくて可愛いし、使いやすい点ではお勧めできる商品です。キーボード部分を取り外してタブレットとしても使えるミニパソコンも発売されているので、家電量販店の店員さんのアドバイスを参考にして、自分に合ったものを選ぶことをお勧めします。

スティックパソコンを利用する際の長所や短所とは

スティックパソコンとは、名前からも分かるようにスティック型のパソコンのことです。当然形はスティック状になっていて、それをテレビなどに接続することによってパソコンとして利用できるというものです。大きさは携帯ゲーム機や携帯電話と変わらないくらいのコンパクトなサイズであり、それでパソコンの機能を備えているわけですから、その利便性から最近注目されているパソコンです。

 

スティックパソコンは確かに便利ではあるのですが、まだこれからのハードということもあり、まだまだ課題がたくさん残されています。例えばスティックパソコンはそのコンパクトさがうりなのですが、単独での運用が難しいために現状ではそのメリットがあまり活かされていないのです。

 

というのもパソコンとして運用するためには、マウスやキーボードといったものが必要となるのですが、それらも同時に持ち運ぶとせっかくのコンパクトで持ち運びやすいというメリットが失われてしまうからです。

 

またスティックパソコンは最近どんどん性能が上がってきており、ちょっとした安価なノートパソコンと変わらないくらいの性能になってきています。ただそれくらいの性能だとインターネットを利用したりはできますが、それでゲームをするのはちょっと難しいです。特に3Dが多用されているようなゲームになると、ほとんどプレイすることができません。

 

ただ携帯電話などもあのサイズなのにどんどん高性能になっているように、こういった分野の進歩は凄まじいです。近い将来スティックパソコンでも、十分にゲームができるようになるのかもしれません。

スティックPCはパソコンになるのか?

最近になってよく耳にするようになったステックPCですが、聞いた事はあっても実際にはどういうものかイマイチ分からないという方も多いと思います。

そういう方にスティックPCとは何か説明するなら一言で言えばテレビのHDMI端子にこれを挿せばテレビがパソコンになってしまうという事です。

 

ですから、スティックPC単体ではただの棒ですが、これをテレビに挿せば簡単にテレビがPCになってしまうというわけです。

そして、そのスペックもかなり高くてこれがあれば自宅にあるPCとほぼ同等の性能を発揮してくれます。

 

Windowsを搭載しているのでワードやエクセルも使えますし普通にネットサーフィンや動画観賞もできます。

プリンターもテレビに接続すれば印刷もできます。
ただ、このスティッPCにも弱点はあります。

 

それはまだそこまで高いスペックではないという点です。
それはどういう事かというと、ちょっとしたノートPCくらいの性能はあるのですが、それ以上のスペックがないという事です。

 

つまり、ネットサーフィンや動画を観賞するくらいならこれで十分ですが重たいネットゲームをやるにはスペック不足というわけです。

 

なので、スティックPCでネットゲームをやるのはさすがに無理があります。ですが、それ以外の用途ならキーボードやマウスを用意すれば簡単に自宅のテレビがPCになるのがスティックPCです。

ただ前述の通りゲームをやるのは厳しいスペックですのでそれ以外の用途で使う場合にこのステックPCはすごくおすすめです。

Wi-Fiでオンラインゲームをプレイする上で注意した方がいいこととは

ポケットWi-Fiでオンラインゲームができるのかといえば、条件面さえ整えば十分に可能です。というのも技術の進歩がすさまじく、今はものによっては固定回線と遜色がないくらいの速度を出せるものが発売しているからです。

ただあくまでも速度面では遜色がないというだけで、やはり回線の安定性という面においては、固定回線に比べて劣るというところには注意しておかなくてはいけませんが。

 

条件面さえ整えば十分に可能だといいましたが、その条件面のひとつめはプレイするゲームによるということです。ネトゲといっても色々あり、ゲームごとに要求されるスペックが変わってきます。いくら固定回線に迫ってきているとはいえやはりまだまだかなわないので、固定回線でもかなりのスペックを要求するゲームなどはWi-Fiだと少し厳しいです。

 

次にできるだけ電波が安定するところでプレーするということです。元々安定性という面では固定回線には劣る上に、電波が届きにくいところが存在するという欠点があります。街中でプレイするときなどは、電波が届きやすいところまで移動すればいいだけなので、それほど問題にはなりませんけど。

 

またWimaxなどは、速度制限にかかることがあるのも注意が必要です。これはプランによっては一定以上の使用で速度制限がかかるというものなのですが、それが気になるのならばプランを見直すといいでしょう。こういったことに注意しておけば、Wi-Fiでもオンラインゲームを十分に楽しむことができます。

ノートパソコンでゲームをしたいなら、そのパソコンのビデオカードに注目しましょう。

基本的に、ノートパソコンはパソコンゲームをするのに不向きです。
なぜならノートパソコンは、パソコンそのものがデスクトップに比べて小さいので、色々な装置を中に置くのが難しいからです。

 

それでも、ノートパソコンでゲームをしたいなら、「そのノートパソコンにビデオカードが付属しているか」という点に気を付けて、パソコンを選ぶとよいでしょう。

 

なぜビデオカードの有無に注目するのか、その理由は2つあります。

ひとつめの理由は、そもそもビデオカードが付属していないと、ドラクエ10やFF14のような、マシンパワーが必要なゲームをプレイすることが出来ないからです。

 

別にビデオカードがなくても、ブラウザゲームのようなものなら出来ますが、3Dゲームがやりたいなら、ビデオカードは必須です。
なので、ノートパソコンでゲームをやるなら、ビデオカードの有無に注目しましょう。

 

それ以外にも、ビデオカードの有無に注目する理由がもうひとつあります。
それは、高性能ビデオカードがついているノートパソコンは、ゲーム用にチューニングされているパソコンである可能性が高いからです。

 

普通、ノートパソコンは携帯用なので、高性能ビデオカードをつける必要がありません。
それなのに、そういう「余計なもの」がついているということは、そのパソコンがゲーム用にチューニングされているということになります。

 

つまり、高性能ビデオカードがついているノートパソコンは、ドラクエ10やFF14のようなゲームプレイをするのに、最適なパソコンということになります。
だから、ノートパソコンでゲームをやるなら、(高性能)ビデオカードの有無に注目しないといけません。

 

なので、ノートパソコンでゲームをやりたいなら、真っ先に、そのパソコンのビデオカードに注目しましょう。
それで、そのパソコンに高性能ビデオカードがついていたなら、そのパソコンを買うとよいでしょう。

ゲームノートパソコン購入は要検討して店頭相談を行うべし

ノートパソコンでゲームをプレイしてみたい、特に最近のドラクエやFFを遊びたいと考えている人は、持ち運びに便利でどこにでも持っていきたいノートパソコンを買いたいという女性も多いかもしれません。

 

そういった時に選ぶ基準としては、まずスペックです。ノートのデメリットとしてはパーツを気軽に変更しづらいということがあります。デスクトップなら幅広くパーツを買ってきたり、注文したりしてカスタマイズできるのですが、基本的にノートは買ったらそのまま変更もしづらくなるので、まず買った状態でプレイできるようなものを買っておかないといけません。店舗販売は特にスペックを確認しておきましょう。

 

オンラインゲームはプレイ時間が長くなることがあるので、耐熱対策がきちんとされていないとまずいことになります。そのため、放熱対策ができているノートパソコン選びをしなければならないのですが、ドスパラやガレリアといったショップでノートパソコンを買ったほうがいいかもしれません。というのは、買う時にカスタマイズの相談を店員さんにできますし、いいアドバイスをもらえるからです。

 

デスクトップとノートパソコンは性質もスペックも違うものがありますので、まずはよく調べてから店頭に行き、それから店員さんに相談してパソコン購入の足がかりを掴むというのがいいかと思われます。初心者が軽く調べて自分の判断で買うと後でゲームをプレイする時にスペックが足りなくてカクカクしたりしたということもありますので、よく検討してからにしてくださいね。

都心に出なくてもBTOパソコンを購入できる

ゲーミングPCなどBTOパソコンというものは昨今基本的にはインターネットを利用して購入するかと思いますが、やはり実物をみて判断したいという方も少なくないものですね。特にあまりパソコンの知識に明るくないという方の場合、相談しながら選択していける実店舗のほうがよりよい買い物ができることでしょう。

 

BTOパソコンが購入できる場所というのは東京でいうと秋葉原や新宿といった都会にしか無いと思いがちですが、実はそんなことはありません。

 

個人的におすすめしたいのは東京の八王子市にあるドスパラ八王子店です。

 

ドスパラといえばBTOパソコンの最大手と言っても過言ではないお店ですね。実はドスパラはネット専売ではなく、全国にいくつか店舗も運営しているのです。そのうちの一店舗が東京の八王子市にあるのですが、こちらの店舗は広さはあまりないものの商品が充実していて更に安価で売られているということでなかなか評判のいいお店です。

 

この手のお店は店員さんによって知識のばらつきがあることが懸念されますが、ドスパラ八王子店の店員さんは比較的専門知識を有している方が多いのが特徴です。そのため相談しながら自分好みのBTOパソコンを組み上げることも可能かと思います。

 

店舗への行き方は京王八王子駅からは駅を出て信号を渡り左手に歩いていく、JR八王子駅からは駅を出たら右に道なりに進み、信号を渡ったらそのまま右に進めば店舗が見えるでしょう。京王とJRの間にあると思っておくと良いかと思います。

 

都心に出なくても良いパソコンを購入できるので、都会があまり得意ではないという方にもおすすめです。

ゲーム用PCを選ぶコツとは?

おもしろいMMORPGも増えてきて。PCゲームを始めたいという人も多いのではないでしょうか。
しかし、ゲーム用PCを選ぶ時には注意が必要です。ちゃんと知識がないとスペックの低いゲーム用PCを買ってしまい、満足にゲームがプレイできないなんてこともあるからです。

 

ゲーム用PCを買う際にしってほしい単語があります。それはBTOパソコンという単語です。
通常、パソコンはメーカーが販売しているものと自作のものの2つに分けられます。そこに第3のパソコンとして登場したのがBTOパソコンなんです。

 

このBTOパソコンの特徴は、自分でパーツを自由に選択できるという点です。
パーツは自分で選べて実際の組み立ては業者が行ってくれる。これがBTOパソコンなんです。つまり、ゲーム専用のパソコンが手軽に作れちゃうんですね。
ゲーム用PCを購入するなら、BTOパソコンを考えてみるのもいいと思います。

 

しかしBTOパソコンは知識も必要になってきますので、PC初心者には難しい部分もあります。
BTOパソコンは難しいな、と思う人は、メーカーが販売しているパソコンを購入するのが一番いいと思います。
メーカーが販売しているゲーム用PCを選ぶ際一番重要なのは、デスクトップパソコンを選ぶという事です。

 

ノートパソコンは持ち運びに便利ですが、それに特化しているあまりに排熱性などに問題を抱えています。長時間プレイや処理が多いゲーム用PCだと、熱処理に問題のあるPCを使用するのは厳しいです。
その為、メーカー販売のパソコンを選ぶのならデスクトップパソコンをおすすめします。

 

どのメーカーのパソコンがいいか?という事ですが、基本的に安いパソコンはグラフィック面や容量などに不満があることが多いです。
パソコンを選ぶ時にはあまりにも安すぎるパソコンを買う事は止めた方がいいですね。
ソフトの読み込みに関係するCPUと、画面の綺麗さに関係するGPUが高いパソコンを選ぶことをおすすめします。