リスティング広告を使えば売上に直結する

WEB広告には様々な種類がありますが、売上をアップさせたいのか知名度を上げたいのか最初に明確な目的を設定しないと広告は無駄以外の何物でも無くなります。

 

なぜなら、リスティング広告を使えば興味関心がある人が、検索順位上位に必ず表示されるリスティング広告経由で自社ECサイトを訪れるので、一定の割合で売上に繋がるからです。

 

リスティング広告は、掛けたコストに対して売上反映が見合った金額となっているのか、常にアクセス解析や購買結果に繋がったかどうかの判定と分析が求められます。

 

このため、個人でリスティング広告運用を行うには、リスティング広告を出す基準と設定管理を常に見直す必要があるわけです。

 

リスティング広告を行うためには、広告代行会社を使う方法と自社で出すという方法の2種類があります。

 

通販サイトの運営管理者を自社内で雇い入れているならば、リスティング広告予算を設定して、運営ノウハウを蓄積しながら実行させればコストに見合った広告を確実に出せるようになるでしょう。

 

一方、広告代行会社を使った場合には、代行手数料を常時20%取られてしまうだけでなく、リスティング広告に対する効果的なノウハウ蓄積につながらないので、自社ですべて行う場合よりも2割増でノウハウ蓄積なしという状態となりかねません。

 

リスティング広告を常時出し続けても売上を維持し続けることが出来るなら、リスティング広告代行業者を使う手が有効ですが、未来永劫同じ手が使えるとは限らないので、なるべく自社内に専任担当者を配置して運営すると良いです。