DMM光はインターネット接続方式に特徴あり

DMM光はNTTが発信している、元来存在するフレッツ光の回線を利用したサービスです。近年こうした、光回線とプロバイダーとの契約をセットにした、光コラボというサービスは各社で展開されており、DMM光もそんな商品の内の一つとなります。提供会社はDMMであり、そのため利用に応じてDMMから様々な特典を受け取ることができます。

 

DMM光と、他の光コラボサービスとの違いは、インターネットの接続方式にあります。DMM光は契約時に、v6プラスタイプとPPPoEタイプの、どちらかの接続方式を選択して選ぶことが可能です。

 

2つのタイプの内、PPPoEタイプの方は従来の接続方法を指します。こちらの回線は使用者が多いだけに、夜間など多くの人がインターネットを利用する時間に混雑しやすく、回線が重くなる、インターネットにアクセスするのに時間がかかるといった事態がおきがちです。

 

一方DMM光が新しく発信を始めた、次世代接続方式であるv6プラスタイプの方は皆が利用している従来の混雑した回線を通らず、独自のルートを使っての通信が行えるので、常に早くアクセスできるようになります。いついかなる時もスムーズにデータをダウンロードしたい、快適に動画やゲームを楽しみたいという人には、お勧めの回線だといえます。

 

DMM光が配布している、v6プラス対応機器さえあれば、誰でもDMM光の新しい通信サービスは利用が可能です。ただし使用中のソフトウェアやコンテンツによっては、v6プラスに対応していないということもあるので、契約の際には各自事前の確認も必要になるでしょう。