電源回りにこだわった安定稼働モデルを作れます

フロンティアのBTOモデルは、ベースモデルからカスタマイズしてプレイしたいゲーム仕様に合わせることが出来るので、ゲームタイトル付き専用モデルから選ぶことも出来ます。PSO2やDDON推奨モデルが最初から用意されているので、あまりハードウェアスペック構成に詳しく無くても最初の1台として購入可能です。

 

他のBTOメーカーとは異なり、電源ユニットとして日本製コンデンサーを採用した大容量モデルが標準搭載されているので、電源ユニットをBTOによりアップグレードしなくても標準仕様で賄える可能性があります。

 

850Wや1000Wモデルを最初から搭載していれば、更に1300Wまで引き上げるケースはグラフィックボード2枚挿しのSLI仕様にしたい時のみとなるでしょう。他社のBTOモデルで悩んでしまった経験を持つ人にとっては、フロンティアのカスタマイズは物足りないと感じるかもしれません。

 

なぜなら、シリーズモデルごとにパーツアップグレードの選択肢を余り多くしておらず、相性問題が予め出ないように動作確認テストをしながら組み立てを行なっています。動作確認が取れていない組み合わせについては、最初から選択肢タブに登場しないように工夫されているので、パーツ同士の相性を見極める心配が少なくなって便利です。

 

推奨モデルとして挙がっているシリーズモデル以外のゲーミングPCであっても、問い合わせると教えてもらえるのでタイトルを明記して相談してみると良いでしょう。